UW School of Law > ホーム > 発行物

Volume 18  |  2009年1月  |  Issue 1

企業の過失・不履行に対する取締役の責任―国際比較

ヘレン・アンダーソン博士

abstract  


中国の新独占禁止法: 米国からの視点

要約:2007年8月に中国は独占禁止法を成立し、競争規制に関する総合的な制度を成立した約90カ国の一つになった。30年前、経済改革プログラムを開始して以来、中国は経済を世界貿易体制への統合に取り組んできた。この記事では、米国の独占禁止法との明確な違いについて強調しながら、中国の独占禁止法(以下“AML”)を概観する。この記事では、米国と中国の独占禁止に関する政策がどのように展開されたのかを述べ、その相違点としては、中国のAMLは、

過去に一度米国の独占禁止に関する政策に組み込まれた原則と同じような原則の影響を受けているのだが、それらの原則は、試行錯誤の末、米国の政策立案者によって修正または放棄されたのである。この記事では、AMLと米国の独占禁止に関する政策の相違点と、なぜ米国の過去の政策(現在のAMLにある政策)が廃止されたかが述べられている。最後に、この記事は中国の政策立案者がAMLの成立で経済発展や経済革新を目標として締めくくっている。さらに、経済的活力を強めた米国の経験が、中国の政策立案者の参考になれるよう希望を表明している。

トマス・R.・ハウェル, アラン・W.・ウォルフ, ダイアン・オー


知的財産裁決の総合的強化が、革新的な国家及び調和社会を築くための強力な司法の保証を提供する

曹健明 Cao Jianming

abstract  


カンボジアにおける障害者の権利: 障害者の権利に関する条約を用いて人権侵害を暴露する

ウルリカ・ブッシュバーケル・コネリー

abstract  


中国の環境問題:専門裁判は解決策であるか?

ダーシ・J.・ゴルツ

abstract  


母性を再定義する:日本での親権差別

レイチェル・ブレム・キング

abstract  


薄いシールドは容易に突き通される:ニュージーランドによる記者の機密特権の強化への賛成を主張する

デブァン・M.・スミス

abstract  


誰に対しても権利はない:誤った『クローカー・アイランド』判決はどのようにアボリジニーからの所有権奪取という状況を存続させるか

シーリ・アイリーン・ウィルソン

abstract  


障害者の人権の拡大へ:21世紀の人権運動の基礎を作る 2008年4月24日 基調演説―変化のための法的権利や人権の戦略の枠組み

ヤングヒー・リー博士

abstract  


交差点を模索する: さまざまな人権が交錯する中で、障害を持つ女性と子供の権利を推進する

ランジタ・デ=シウバ・デ=アルヴィス

abstract  


Last updated 4/30/2012