UW School of Law > ホーム > 発行物

Volume 18  |  2009年1月  |  Issue 1

企業の過失・不履行に対する取締役の責任―国際比較

ヘレン・アンダーソン博士

abstract  


中国の新独占禁止法: 米国からの視点

トマス・R.・ハウェル, アラン・W.・ウォルフ, ダイアン・オー

abstract  


知的財産裁決の総合的強化が、革新的な国家及び調和社会を築くための強力な司法の保証を提供する

曹健明 Cao Jianming

abstract  


カンボジアにおける障害者の権利: 障害者の権利に関する条約を用いて人権侵害を暴露する

ウルリカ・ブッシュバーケル・コネリー

abstract  


中国の環境問題:専門裁判は解決策であるか?

ダーシ・J.・ゴルツ

abstract  


母性を再定義する:日本での親権差別

日本の人口減少や少子化のため、国の社会規範や法制度が女性に出産の重圧をかけている。その期待に沿うため、日本の女性は母親になる能力を上げるために生殖介助術(以下ART)と呼ばれる新しい医療技術に頻繁に頼っている。ARTには人工授精、体外受精、代理出産が含まれる。その方式のいくつかは日本の法律や社会によって認められているが、人口受精や代理出産を含む特定の方式は強く否認されている。日本の現在の法制度は、生殖の伝統的基準に当てはまらないARTのすべての方式を利用することを防いでいる。法的な母親の親権もまた、狭い出産事情に制限されている。

日本の法律や社会規範は女性に対して、ARTの利用範囲を制限するが、男性に対しては、ART方式をより利用しやすくしており、父親の親権がより広く認識されている。性別によるARTの利用に対する不平等な待遇は、日本女性に対する差別であり、日本国憲法や女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約(以下“CEDAW”)の違反になる。この問題を直すため、そして日本女性を守るため、日本政府は近代的な親権の概念を認識する新しい法律を成立し、現在の法律の差別効果を除去しなければならない。

レイチェル・ブレム・キング


薄いシールドは容易に突き通される:ニュージーランドによる記者の機密特権の強化への賛成を主張する

デブァン・M.・スミス

abstract  


誰に対しても権利はない:誤った『クローカー・アイランド』判決はどのようにアボリジニーからの所有権奪取という状況を存続させるか

シーリ・アイリーン・ウィルソン

abstract  


障害者の人権の拡大へ:21世紀の人権運動の基礎を作る 2008年4月24日 基調演説―変化のための法的権利や人権の戦略の枠組み

ヤングヒー・リー博士

abstract  


交差点を模索する: さまざまな人権が交錯する中で、障害を持つ女性と子供の権利を推進する

ランジタ・デ=シウバ・デ=アルヴィス

abstract  


Last updated 4/30/2012