UW School of Law > ホーム > 発行物

Volume 17  |  2008年6月8  |  Issue 3

日本と貸金業者–改革主義的な法廷と実質的な正義

アンドリュー・M.・パーディエック

abstract  


貧困者のための司法制度の利用:シンガポール司法の動き

ゲアリー・チャン・コック・ユー

abstract  


財産分与の請求における韓国離婚法:離婚に伴う年金分割

朴フェイ・Y.

abstract  


『バイアルサ』武勇伝の終焉と豪州の排他的経済水域での違法な魚業に対する漁船没収の処罰の合法性

要約:世界の魚種資源は乱獲に苦しんでいる。世界の海洋は、すべての国家に搾取され、ほとんど保護されることはない。海洋法の国際的な法体制上、既存の保護と管理の実施は、非常に困難である。地上でさえはかない境界線は、水上ではもっと複雑で、利権や管理は困難を極める。それに加え、魚種資源はますます減少し、海洋を保護するためにはもっと効率的な管理が必要であることが明らかになるにつれて、沿岸諸国は1982年の海洋法条約によって確立した排他的経済水域の権利に相当する、より確実な実施手続に着手し始めた。

特に、オーストラリアでは、最近になって排他的経済水域内の漁業規定を強化させるためにいくつかの対策を講じた。これらの対策の原動力となったものは、もっと効率的な海洋生物資源保護と管理を実現することであるが、オーストラリアは、国際法を脱線しつつあり、国際法に従う努力しなければならない。1999年にオーストラリアは漁業管理法を改正し、排他的経済水域内で違法な漁業をする外国船は自動的に没収されるものとした。オーストラリアはこの条項を海洋法条約に見合う様に説明できるべきであり、また、すべきである。

ローランス・ブレイクレー


卵子提供者と人間胎児の保護 – 韓国の生命論理とバイオセイフティー法の失敗

ムクタ・ジャラニ

abstract  


消極権利としての日本国憲法第25条が与える日本の貧困層への好影響

アメリア・S.・キガン

abstract  


恒常的に医者が不足してる国々における中級医療機関への効率的な免許付与に関する法律の必要性:マーシャル諸島の医療労働者の事例研究

ジェッフリー・P.・レーン

abstract  


「汚染してから管理する」の廃止:公益訴訟と国民参加による中国での環境劣化との戦い

クリスティーン・J.・リー

abstract  


Last updated 4/30/2012